大阪 Osaka

【大阪 ホテル】なんばのお洒落かっこいいホテル「ロイヤルクラシック大阪」宿泊記

まだGOTOトラベルが旬だった2020年10月頃、「コロナ禍で遠出はできないけど2021年のお正月くらいはどこか特別なところにいきたいな〜」ということで、なんばにある「ロイヤルクラシック大阪」に宿泊することにしました。

2021年初の宿泊先「ロイヤルクラシック大阪」は2009年に閉館した新歌舞伎座の跡地にできたホテルで、世界的建築家 隈研吾氏が伝統的な日本の建築と西洋の建築を融合させて設計したすごくかっこいいホテルです。

…が!

11月に入って GOTOトラベルが中止に。。

「宿泊をキャンセルした方がいいのかな…?ホテルに泊まるのは非国民かな…??」とも思って、キャンセルするか否か、、ギリギリまでずいぶん悩みましたが、よーく考えた結果、最終的に泊まることにしました。(もちろんGOTOの割引はなくなりました。)

年が明けて1月2日。待ちに待ったロイヤルクラシック大阪!!

早速11階にあるチェックインロビーへ。大きな窓から陽の光がたくさん入って、明るくきれいで清々しい雰囲気。

ホテルのテーマがHotel&Musiamだけあって、ホテルの至るところにアートが散りばめれられていて移動も楽しい!

渡されたキーカードのケースは和紙。

2021年は占星術?的には”風の時代”の幕開けということで、縁起良く奮発して高層階のプレミアムルーム(食事付き)にしました。

キーカードをかざし、いざオープン!!

…(°ω°)♡!!

設計がそうなってるのか、広いけど広すぎず落ち着く感じで、外の光や照明の加減が絶妙で部屋全体が明るく和モダンな感じがおしゃれな部屋。


部屋に足を踏み入れてまず目に入ったのはドリンクエリア。

コーヒーはUCC。「この量、1泊2日で飲み切れるかな?」と、思うくらいたくさんあったけど、美味しくて全くの余裕ですべて飲み干しました。
コーヒーを飲みすぎると頭痛とか胃痛になりがちなんですが、これは大丈夫でした。

ウェルカムスイーツ有り&冷蔵庫内のドリンク全部飲んでよしのプランだったので、コンビニでなにか買う必要もないのも良かったです。

サンガリアのみっくちゅじゅーちゅ(大阪名物)があったのもポイント高い!

アメニティに圧縮袋があるのもいいですね〜。

次にバスルームの扉を開けると突然トイレの蓋が自動で開いてびっくり!
タイから戻ってきて2年経つというのに、21世紀の日本にまだ慣れておりません。。

そして、さすが日本のホテル。ドライヤーはパナソニック、タオル類は全て今治タオルでMade in Japan率高し。

でもアメニティーはロクシタン。
調べるとスタンダードタイプのお部屋だと、タイのブランドPanpuriだそう。
Panpuriのほうが良かったなー、個人的には。

バスルームの外観はガラス張りでエロいラグジュアリーな雰囲気。
障子で隠せるようになっているので人がいても安心してバスルームに行けます。

デスクエリアは窓際にあって、いい意味で勉強机のようですごく使いやすかった。ここで仕事をしたら捗りそう!(でも実際はここに座ってスマホしただけですけどね…。)

デスクに置いてあったアートやホテルの本、周辺情報紙のチョイスも良かったです。
「ロイヤルクラシック大阪」の本は売ってたら買いたいと思ったくらい!

あと、クオリティ高いな…と思った「美味しい座裏」という周辺情報紙は私の大好きな京阪神Lマガジンさんが作ったもので、ちょっとテンション上がりました。

デスクの後ろにはリラックスチェアがあって、ここでミニバーのプレミアムモルツを飲みながら大阪の夕暮れをエンジョイ。

さて、外が暗くなったところでお腹も減ってきたのでレストランへ行こうと思います。

エレベーターホールに移動するとまた美術品!氷のようなガラスの美術品がとても綺麗でした。

あ、ガラスにうっすら映る人影はオバケではなく私ですから安心してくださいw。

では、ホテル内のレストラン「ユラユラ」でお正月ディナー開始!
20階の夜景が見えるバー「雲雲〜KUMOKUMO〜」と、翌朝の宿泊者専用 朝食レストラン「ハフ」の様子は次の記事へ。

【大阪 レストラン】ロイヤルクラシックホテルのレストラン 「ユラユラ」「雲雲〜KUMOKUMO〜」と「ハフ」 2021年の年始にロイヤルクラシックホテルに宿泊しまして、食事付きのプランだったのでホテルのレストランとバーを利用しました。今回の宿泊...

ホテルロイヤルクラシックのHPはこちら

【ロイヤルクラシック大阪】
https://hotel-royalclassic.jp/